昔から日本に存在している

矯正歯科治療の歴史や変遷

女性

矯正歯科治療とは昔から日本に存在する歯科治療です。しかし非常にその治療を受けている人が少ない現実があるのです。それは欧米諸国とは違って、治療費が健康保険適応外の自費治療であり、非常に高額な治療費を必要とするからです。そのため余程咀嚼や発音に障害が見られる子供にしか治療を施さない傾向にあるのです。そのため日本では矯正歯科治療は15歳のまでの子供が受ける歯科治療との見方が長きにわたってあったのです。しかし最近では審美的観点から大人になってからも矯正治療を始めようとする人も多くなっているのです。そのため社会生活を営む上で、支障をきたさず安心して治療できるような方法を矯正歯科クリニックではたくさん用意するようになっているのです。

今後の治療の予測について

現代は従来の歯の表面に装置をつける矯正歯科治療のほか、マウスピース矯正や裏側矯正治療などもあり、その人のライフスタイルや職業にあわせて治療法を選択できるようになりました。またプチ矯正など短期間で歯の並びだけを綺麗にする低価格の矯正治療も現れているのです。また矯正治療とは単に歯並びを整えるだけでなく、虫歯や歯周病の抑制の観点でも実は非常に重要な治療でもあるのです。歯並びが悪く、八重歯や出っ歯であると歯ブラシが隅々まで届かずに虫歯リスクを高めるのです。しかし歯並びを綺麗に矯正するだけで歯磨きが徹底でき、虫歯の発症を抑制できるのです。そのため厚生労働省が今後虫歯抑制のために矯正治療の重要性をさらに啓蒙すれば、尚一層治療の低価格化が推進されることが予測されるのです。